ギャラリー開  −画廊紹介−


 GALLERY開は、企画と常設によるコンテンポラリーアートの普及と販売を目的として、2001年5月に設立しました。
「開」はKaiと読みますが、美術の新たな展開の場でありたいとの思いがあります。企画展では、新しい表現の模索を作品上に実践している美術家を紹介しています。常設展は、国内外の抽象表現から現代までを取り上げています。作品を前にして感性が目醒め、思考が巡りだす、実験的な作品の展示による緊張感のある画廊空間でありたいと思います。

ギャラリー開   榎本 実












Copyright © GALLERY KAI Since 2001. All Rights Reserved.