ギャラリー開  −作家紹介−



松 谷 武 判


- Matsutani Takesada -



(1937 - )






1937大阪市に生まれる   大阪市立工芸高等学校で日本画を学ぶ  1962木工用ボンドで制作を始める  1963具体美術協会会員となり1972年の解散まで在籍する  1966フランス政府選抜留学第一回毎日美術コンクールでコンクール賞を受賞、   渡仏し現在に至る。  1967スタンリー・ウイリアム・へイターの「アトリエ17」に入り銅板画を学ぶ 

−主な個展・グループ展−
2019Takesada MATSUTANI/ポンピドゥーセンター(パリ) 2017第57回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際展(イタリア) 2015松谷武判の流れ/西宮市大谷記念美術館(西宮) 2010松谷武判展−流動−/神奈川県立近代美術館(鎌倉) 2007ジャパニーズ・アート・フェスティバル−呼吸する精神−(オタワ)  /カールトン大学(オタワ)篠原有司男・堀尾貞治と共に招待される。  2000波動・松谷武判展/西宮市大谷記念美術館(西宮) 1993松谷武判展 '60年代から今日まで/西宮市大谷記念美術館(西宮) 1990第一回大阪絵画トリエンナーレ展 銅賞受賞/マイドームおおさか(大阪) 1983〈今日の作家〉シリーズNo12松谷武判 1981-1983年の仕事(大阪)  /大阪府立現代美術センター  1981アート・ナウ1970-1980 /兵庫県立近代美術館(神戸) 1971今日の100人展/兵庫県立近代美術館(神戸)




profile

2021

2011

パーティー

取扱作品

Copyright © GALLERY KAI Since 2001. All Rights Reserved.